HSC育てにくい子は新時代を生き延びる

HSCの子供を育てています 育てにくい子供というのはこれからの時代を生き抜いていくのに素晴らしい可能性を秘めています

自分にとってのアナザースカイとは

どれくらいの間、このブログを放置していたのだろう…もう月日を見てさかのぼって軽く計算してみる事さえ面倒で…

あんなに熱していたのに、しばらくすると?

言いたい事を言ってしまうと?

やりたい事をある程度こんなものか?と分かる程度にやってみると、途端に飽きてしまう。

こういう私の性格はやはりHSPからくるものなのかと…何を考え、何をやってみても、結局ここに行きつく…

別にそれが悪い訳ではないと思うし、寧ろ、こんな飽きっぽく熱しやすい自分自身の事をさっぱりしていて好き嫌いのはっきりした面白みがある人間だと思う。

でも、やっぱり気持ちが沈んでいる時は、自分には何も無いとさえ思ったりする。

 

何で久しぶりにまた、ここへやってきたのか?

 

それはここに書きたくなるくらい気持ちを高揚させる、あぁー心地いいなと思えるものに出会ったから。

だからこの今感じている気持ちをリアルタイムでここへ残しておきたいと思った。

 

私は気分の浮き沈みがとても激しく、普段は色んな事を考え過ぎて自分を攻めたり、人からこう見られているのではないか?と考え過ぎてしまって、心が閉じこもってしまう事がよくある。

しかし、一度感動する物、新しい感覚などに出会った時、その瞬間からもう普通の人が感動するレベルを遥かに超えたような、感動を味わい、世界の全てが変わるような衝撃を受ける。

例えそれが、小さな花が咲いたとか、切り過ぎてしまった木の下の方からどんどんと新しい芽が出てきたとか…そんな普通の人?からしたらしょうもない事でも、一瞬にして世界が変わる。

そしてその感じた幸せな高揚感はしばらくの間、どれくらいだろう?日数にしたら数日?

嫌な事、心配事が無ければもっと長い間?

続く。

 

 

そして今日その感動を久しぶりに感じたんだ。

 

 

最近は年末年始の、色々楽しい事?だけど何故か頭の中が疲れ過ぎた…だから何も考えられない日が続いていた。

 

そんな数日から

今日、高揚感でいっぱいの出来事に出会ったんだ。

 

それは録画してあった

アナザースカイのヒロシを見たからだ。

 

ヒロシの言葉、映像、その全てが、自分の中の心地よいところに入ってきて染み渡ったんだ。それからずっと私の中で広い海のようになって幸せのオアシスが出来上がった。

 

前からヒロシのYouTubeのキャンプの映像なんかはわりと好きで見ていた事もあった。

私もキャンプは好きで家族で夏には行く。

 

だけど今回のアナザースカイでのヒロシの言葉のその全ては

もう

私の中にある

色んな葉っぱやごみが落ちて足跡のついて汚れてしまった砂浜に波がさーっとやってきて

その全てを持っていき、残ったのは綺麗になった砂浜と、小さな貝殻だけ

 

そんな感覚を残していった。

 

あ…何て自然で、無理の無い

取り繕った優しさの言葉や、カッコつけただけの中身の無い言葉たちとは無縁のような、

そんな波のような言葉たちばかりだった。

 

 

きっとヒロシもHSPなのだろうと一瞬にして感じた。

HSPだけの世界があったら人はどんなに幸せだろうと思った。

人に無理矢理何かをさせようとする人はいないだろう。

苦手な事を強要したり、できない事を責めたり、嫌がる事をしたりそんな事は誰もしないだろう。

苦手な事はできる人が補おう、そしたら私はあなたの為にこれをしてあげられるよ、

皆んな今日は天気が良くてそれだけで幸せだね、雨が降っても窓際で雨を見ているとまた違う幸せでいっぱいになるね。

 

きっとHSPだけの人間の世界があれば得意な分野、苦手な分野を補いつつ皆んなが幸せになれるだろう。

 

 

ZOZOの前澤さんが言っている、お金の無い世界とはこういう事なのかもしれない。

 

いったい私の世界はどこにあるのだろう?

 

自分で見つけるのが難し過ぎる、見渡した限り近くには無いようだ、だから自分の巣から出て外に探しに行かなければいけないけど、そんな勇気が持てない時は。

 

どうすればいいのだろう?