HSC育てにくい子は新時代を生き延びる

HSCの子供を育てています 育てにくい子供というのはこれからの時代を生き抜いていくのに素晴らしい可能性を秘めています

私が娘によく言う言葉

 

 

皆さん今までの人生を生きてきて


自分自身が学んだ事を子供たちへ伝え


それがその家庭での教育方針になっていると思うのですが…

 

 

 

私の中で娘に教えている事が1つあります。

 

 

 

 

 

 

先日、いつものように娘の友達、

1年生が5、6人来ていた時に起こった事なのですが

 

1人の男の子が外に遊びに行こうとよ!!と

もう1人の男の子に言いました

 

ですがその男の子は家の中で遊びたいと言いました。

 

それでもその男の子は、おい、行くぞー!

と少し威圧的に言い出しました。

 

もう1人の男の子は、喧嘩を避けたいタイプの子で、あの手この手で行かない〜と困ったように話をそらしていました。

 

 

 

そこへ突然女の子が口を出してきました

 

その女の子は正義感のとても強い

まっすぐな子なのですが

 

行きたいなら1人で行けばいい!〇〇は自分の好きなようにしていいんだよ!家にいたければいればいい!と言いました。

 

 

すると言い出した男の子は怒って

女の子に言いました

お前は関係ないだろ!

うるさいから黙ってろ!

おい〇〇外に行くぞ!!

と言い続けます…

 

 

すると女の子はまた

1人で行けばいいでしょ!

1人で行けないの!?

と何度も口を挟みます

 

 

すると男の子は怒って女の子を叩きました。

 

 

それでも女の子は口を止めないのです…

 

私は少し間に入って、

男の子には

叩くのは良くないからやめなよー

女の子には

もう、いいから、言うのはやめておきー

と言いました。

 

 

それでもまだ男の子は〇〇外で遊ぼう!

と言います。

 

 

そして叩かれたにも関わらずまだ女の子も、

口を挟みます…

 

 

結果、男の子がさっきよりも怒り今度は叩く蹴るに出ました…

あまりに酷かったので

 

また私が間に入って、

やめときな!

と止めました。

 

 

 

 

まぁそういう出来事があったんです。

 

 

 

あれだけ男の子に叩かれても、蹴られても泣かない彼女は、なかなか強いですね

 

私はそんな彼女に言いました。

 

言ってる事も間違ってないし、

言いたい気持ちも分かるけど、

男の子に偉そうに言っても得する事は何もないから、もう言うのはやめておきな〜

力は男の子が強いに決まってるんだから〜

痛い思いするだけだよ〜。

もうやめておき

 

と。

 

勿論、男の子にも、女の子に手を出さないよ!

と言いました。

 

 

 

私は日頃から娘によく言っている言葉があります。

 

 

男の子に偉そうにしちゃダメだよー

男の子は偉そうな女が大嫌いだから、

女の子はどうしても口が立つから。

偉そうに言ってたら必ず痛い目にあうよ、

だから男の子の前では偉そうに言わないで、可愛らしくいなさい、そうすれば男の子はちゃんと守ってくれるから。

何でも我慢しろって事では無いけれど言いたい事は優しく包んで言いなさい。

それが一番利口なやり方だから。

男の子の前では利口になりなさい

と。

 

 

私はこの考え方があっているのかどうかは分かりませんが、私が子供の頃に自分自身の経験から学んだ事です。

 

一度年下の男の子に偉そうに言った事がありました。その時は足で蹴られて痛い目にあいました…その時から絶対に男の子には偉そうに言わないようにしようと思いました…

1年生の時の事です。笑

 

その時の事を娘にはよく話します。

 

女の子はこれを覚えておかないければ

いつか痛い目にあいます。

 

それが叩かれた蹴られたくらいで済むならまだいい方で、もっと酷い事も沢山あります。

 

これを大人になるまで学ばずに成長した女性はなかなか幸せになれないと思っています…

 

 

女は男よりどうしても口がたつものですから、

そこは利口にならなければいけないと。

だからと言って言われるがまま我慢しろという事ではありません。

言い方、そして、もうこれ以上は言ってはいけないというそのストッパーが大切です

 

 

そして男の子に、一度可愛いらしいという位置に置いてもらえた女の子はちゃんと、守ってもらう事ができ、

ここぞという時に男の子に物申すその言葉は不思議と受け入れて貰えるのです。

 

皆さんは男の子と女の子の力関係の教育どうされてますか?

 

(o^^o)