HSC育てにくい子は新時代を生き延びる

HSCの子供を育てています 育てにくい子供というのはこれからの時代を生き抜いていくのに素晴らしい可能性を秘めています

もうすぐ桜の季節がやってきますね



私は上の子供がHSCで大変だったという事もあり専業主婦歴が7年になります。

現在は簡単な仕事を少ししているだけでまだままだ子供メインの生活をしています。

 


1人目の出産前に仕事は完全にやめました。

 

元々、育休なんてない職場でしたし、そもそも子供を産んでからたった1年程度ですぐに仕事に戻るなんていう考えもありませんでした。

 

せっかく子供を産み育てる、その一瞬一瞬しか味わう事のできない幸せな日々が…待ちに待った日がやってくるというのに…それを、いついつまでに子供を誰かに預けて戻ってこいっていうのがまず考えられなかったのです。

 

子供と過ごす時間を削ってまでやりたい仕事では無かったし、ありがたい事に主人の給料だけで何とか慎ましくではありますが生活していけるレベルだったので、仕事なんて考えもしませんでした。

 

 

私は決して小さな子供を預けて働きに出る母親を責めるつもりはありません。色々な考え方、家庭の事情、あり方があるのは当然の事なので。

 

ただ私たち夫婦が選択した道…

という事だけです…

そこはご了承ください…

 

 

私は出産前から子供を産むからには子供の全ての事に自分が関わりたいと思いました

一瞬一瞬を見逃したくない

子供の初めてを、全てをこの目で見たい

他人にお金を払ってまで、大切な子供との時間を渡したくなんてない。

そう思いました

 

その結果、大変な思いもしましたし、孤独な思いも沢山しました。

 

 

周りの友達のほとんどが1歳過ぎると子供を預けて仕事に復帰し、取り残された気分にもなりました…

 

 

娘が1歳半健診で引っかかった時に、まだ保育園に行ってないんですか?

だからか人見知りが激し過ぎるのかもしれませんねみたいな言われ方をして

 

3歳まで子供を自分でみようと思う事は間違っているんじゃないか?

もう古い考えなのか

今の時代に合っていないのか

子供を保育園に入れた方がいいのだろうか?

子供もその方が幸せなんじゃないかと悩んだ日々もありました…

 

 

ですがその時に私が思ったのが

 

3歳まで家で子供を見た先に一体何が私と娘を待っているのだろうかという事…

 

その先に何が待っているのかどうしても私は見てみたかった…

 

 

 

そして娘が3歳で幼稚園に入園する時

 

 

 

私は今まで人生で味わった事のない気持ちになりました…

 

離れる寂しさも勿論あったのですが

今までの2人で過ごした時間のあまりの濃さにもう胸がいっぱいで…

 

2人で歩いた桜並木…

2人で美味しいねって笑いながら毎日ピクニックした公園

あんなに毎日大変だったスーパー

だけどちゃんと買い物カゴを持って買えるようになったあの日

毎日2人でぽかぽかした陽だまりの中でお昼寝したね

お気に入りの絵本ももう、何十回も読んだよ

あの絵本はママの宝物だよ…

夏にはお庭で毎日プールしたね

縁側に、座って初めて食べたアイス

その一瞬の嬉しそうな写真も全部残ってるよ

初めてアリさんを見た時、蝶々を見た時のキラキラした目全部お母さん知ってるよ、

ママはこのお花が大好き。

私はこのお花が大好きって道端にあるお花を沢山、本当に沢山つんだんだ

家の中はいつも瓶にさしたお花でいっぱいだったよ。

ポケットいっぱいのどんぐり。

弟が産まれて2人でお風呂に入れてあげたね

あなたはいつもベビーカーの横を頑張って歩いてくれた

毎日小さなポシェットにラムネを入れてあげると元気が出てそれを食べると沢山歩けたんだ

大変で苦しかった事も

高いところからジャンプできるようになって2人で大喜びした事も

全部全部、ママは見てきたよ…

 

 

もう思い出があり過ぎて…

 

 

私は子供の全てを見てきたんだっていう自信が

何も思い残す事がないくらいこの子と一緒にいたんだって胸を張って言える

この胸いっぱいの気持ちを味わった時に

 

 

あー3年間この子と一緒にいられてよかったなって心の底から思いました。

私がずっと悩み不安に思ってきた日々のその先にあった物があまりに素晴らし過ぎて…

 

 

 

そして2人目の子供も胸を張って3年間見る事ができました。

 

そんな日々を過ごさせてくれた主人に感謝しかありません。

 

 

主人がいなければこんな日々を味わう事はできませんでした。

 

 

 私と子供たちの為に何の文句も言わず働いて生活を支えてくれた主人にありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

 

また春がやってきます…

 

娘は2年生になります…

 

子供が子供でいられる時間は限られているのです

 

そして下の息子に関しては幼稚園児でいられる時間もあと2年です。

 

私は主人に言います…

 

本当に今は今だけだよ

 

今、子供に関われる間に思い残す事は無いって

そう言えるくらい関わろう。

 

 


f:id:sinschang:20190315110024j:image

 

そしたら子供を胸いっぱいの気持ちで

送り出す事ができる(*´꒳`*)